2014年3月25日(火)に、中百舌鳥キャンパスUホール白鷺にて、大阪市立大学・大阪府立大学共催の「第3回COC(Center of Community)フォーラム-地域の期待と大学の役割・取り組み-」を開催しました。両大学は、平成25年度文部科学省「地(知)の拠点整備事業(大学COC事業)」に「大阪の再生・賦活と安全・安心の創生をめざす地域志向教育の実践」で採択されており、大学の地域貢献の一環として地域と大学の連携をデザインし、地域からの期待に大学がどう応えるかを議論しました。

当日は、総合司会を山本 章雄 教授が務め、奥野 武俊 学長の開会挨拶、文部科学省高等教育局大学振興課大学改革推進室 山路 尚武 課長補佐の「COCの趣旨説明」、高橋 哲也 学長補佐の「COC概要説明」が行われました。

そして、基調講演として、竹山 修身 堺市長から「大学に期待すること-地域活性化のために、自治体の長として、大学に何を期待するのか-」と題して、これまでの堺市と本学の取り組んだ産学連携の取り組みの紹介と、大学が立地する堺市の長として、本学に期待することが述べられました。

さらに、パネルディスカッションとして、大阪府 大江 桂子 府民文化部長、堺市 北田 靖浩 生活福祉部長、NPO法人 ASUの会 柴田 美治 会長、大阪市立大学 森 一彦 教授、本学 奥田 邦晴 教授、同 小野 達也 准教授が参加され、ファシリテーターを本学 石井 実 副学長が務め、「地域の期待に大学はどう応えるか」ということをテーマにディスカッションを行いました。

最後は、大阪市立大学 宮野 道雄 副学長と本学 辻 洋 副学長から閉会のご挨拶をいただきました。

当日、約300名の参加者を得て、今後、本学が地域の課題に今までよりも積極的に関わり、課題解決に努めることを期待するコメントが多く寄せられました。

奥野学長の開会の挨拶

奥野学長の開会の挨拶

パネルディスカッションの様子

パネルディスカッションの様子

お問合せ先

大阪府立大学 地域連携研究機構 地域連携室 COC事務局
E-mail: cocinfo@ml.osakafu-u.ac.jp